ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1499 生後6ヶ月パワー

昨日は神様的80歳に癒されたが今日は天使的6ヶ月に癒された。いやーもーねーなんだろーねー。かわいい。かわいいよ。うん。
この可愛さを見たら性的な欲望の対象にするのはホント恐れ多いというか、論外!! みたいな感情になっちゃうわ、うん。
現場から離れたところでグダグダ言葉転がしてても、本物に触れると一気に感情論全開になるわwww

嬉しそうに手を握ってくる子供に、穢れた婆の手が癒されていく~みたいな気分になったね。すげーわ。赤ん坊に会うっていうだけで私でもテンション上がるもんな。何なんだろうな。

もっと年上の方も同席してたのであまり年上気分になってはいけないのが難しいw お姉さん、おばさん、お婆さん、年齢を含む表現はどこか傷つくけど余り卑屈になるのも変な話で難しい。自分(の老いと自意識)との戦いw
お母さんになった元同僚は相変わらずの笑い上戸で、私が何を言ってもコロコロとよく笑ってくれて、でも絶対子供から目or手を離さないのがさすがだなぁって思った。暇だ暇だといっていたけど大変だよねぇ~。

「日本語の会話に飢えてますw」といっていたが、少しは満たせただろうか(;´Д`)
座ってる赤子の背中を支えながら生まれて半年で座れるようになるってすげーな、ホント、月並みだけどちっちゃい爪だのぉ、おばちゃんもう老眼で切れないわこれは、とただただ感心するのだった。

しかしあれだの、触って叩いて握って、そんでとりあえず口に入れてみるってのはどんな本能なんだろうなw
危ないから危ないからwwww

No.1498 日記

おやすい御用っす

見知らぬ人に道を聞かれることが割りとあるほうだと思うんだけど、私は道を説明するのが異常に下手だったりする。
というかたぶん、思っていることを人に伝えるのが基本的に下手なんだとブログを書いていてしみじみ思う。もっとこう、ねぇ、アレだよアレ! わかってよ! 的な読み手の力量に委ねてしまう記述が多い。じゃぁインプットに長けてるのかというと鈍鈍で、基本性能が低いわけだが下手の横好きというか、ぶつかり稽古好きなところがあって、いまだにブログ書いてたりする。

話がそれた。
今日のお昼、道を聞かれたのだ。
「市役所はどこでしょう」
それで私は、「えーっと駅の向こう側の大きな建物の奥のほうで・・・」としか説明できなくて、時間もあるしお天気も良いし、ご案内したのだった。
「こんなに優しくしてもらえるなんて涙が出ちゃう」
というご婦人が本当に泣いていたかどうかは確認していないが、80歳だという彼女はしっかりしていて、とても元気にみえてなんだか嬉しかった。40歳の私は人生の折り返し地点だと思っていたのだが、折り返した先にこんなに元気なご婦人に成れるならありがてぇっすなぁ~とか思ったのだ。
長生きリスクの話をしかけて不適切だと気づき(笑)、最近寒いですよねーとか北海道出身だけど東京の冬は苦手ですよーとかでもきっと悪いことを忘れてるだけで北海道帰ったら寒くて大変なんでしょうけどねーなんて話をした。
彼女は秋田出身だということで、雪には驚かないけど、周囲が大騒ぎになるので大変だと思うなんて話をしてくれた。あるあるw
40年働いてきたという彼女は仕事をやめたらすっかり忘れてしまうわと笑い、本当に80歳とは思えないほど元気であった。
5階に住んでいるがエレベーターがないといい、それが健康の秘訣ですね~というと笑っていた。

とここまで書いたが、どんな人だったかさっぱり覚えていない。
顔を覚えられないのもそうなのだがずっと先を歩いていたので服装も色すらあやふやだ。たぶん和装だったと思うのだけど(;´Д`)自信ない。
なんだか神社の近くで別れたので、ちょっと神様チックだったw 6億ください

風呂入ったら追記する

<風呂>

風呂に入った

春の気配

なんかよくわからないがぽんぽんと人と会う予定が決まった。

「子供できてたんです(*^_^*)」

No.1054 何を言っていいのかさっぱりだよ - ダメシ添加大戦

の元同僚とも会うことになった。誰かに会うのって楽しみなんだけど、赤ちゃん見れるってのはまたぐっとテンション上がるねぇ~。泣かないでくれることを祈るw

なんだろー、ちょっと「春」を感じたぞ。今日の日差し。会いたかった人にも会える。観たことのないものを観にいく。
ウキウキしてきたね! もうちょっとだー! 誰だー! 明日雪降るとか言ってたのー!!www
いいこともないけど悪いこともないぞ! ん~なんだかちょっと心が軽いのは道案内でお散歩したおかげかな。情けは人のためならず(違う)
鬱々シーズンしゅーりょーしたーい!(そして花粉で鬱々へ・・・

No.1497 平成の陰陽師

漸く、羽生結弦氏のオリンピックでの演技を観た。
前日のスノーボードか何かで日本人選手がコロコロ転んでいたのを観て、羽生くんもどうせ一番良いところで転ぶんだろう、と無意識に呪いをかけていた。おそらく世界中でその手の呪いが発生し、心配を装って本人の耳にも入っていただろうしプレッシャーにもなったろう。
でも、彼はそれらを調伏したねぇ。すごい。
その呪いは彼の前では無力、なんてちゃちなもんじゃなくて確実に彼の足をよろめかせた。でも、彼は負けなかったね~。すげー。そして自分に勝った彼は呪いなんて目もくれないでクアッドアクセルを口に出す。

浅田真央トリプルアクセルの犠牲者だと私は思っている。
羽生くんは自ら生贄になろうというのか。いやきっと、そんな心配も彼なら跳ね返してしまうのかもしれないね。
無理しない程度にチャレンジして欲しいです。

無理しないと出来ないから挑戦なのか。

↑Top