ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1499 生後6ヶ月パワー

昨日は神様的80歳に癒されたが今日は天使的6ヶ月に癒された。いやーもーねーなんだろーねー。かわいい。かわいいよ。うん。
この可愛さを見たら性的な欲望の対象にするのはホント恐れ多いというか、論外!! みたいな感情になっちゃうわ、うん。
現場から離れたところでグダグダ言葉転がしてても、本物に触れると一気に感情論全開になるわwww

嬉しそうに手を握ってくる子供に、穢れた婆の手が癒されていく~みたいな気分になったね。すげーわ。赤ん坊に会うっていうだけで私でもテンション上がるもんな。何なんだろうな。

もっと年上の方も同席してたのであまり年上気分になってはいけないのが難しいw お姉さん、おばさん、お婆さん、年齢を含む表現はどこか傷つくけど余り卑屈になるのも変な話で難しい。自分(の老いと自意識)との戦いw
お母さんになった元同僚は相変わらずの笑い上戸で、私が何を言ってもコロコロとよく笑ってくれて、でも絶対子供から目or手を離さないのがさすがだなぁって思った。暇だ暇だといっていたけど大変だよねぇ~。

「日本語の会話に飢えてますw」といっていたが、少しは満たせただろうか(;´Д`)
座ってる赤子の背中を支えながら生まれて半年で座れるようになるってすげーな、ホント、月並みだけどちっちゃい爪だのぉ、おばちゃんもう老眼で切れないわこれは、とただただ感心するのだった。

しかしあれだの、触って叩いて握って、そんでとりあえず口に入れてみるってのはどんな本能なんだろうなw
危ないから危ないからwwww