ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1253 なんか滅茶苦茶偉い人が来た

よくわからないというか末端すぎる派遣には関係ない感があったのだが、滅茶苦茶偉い人とやらが来ることになり今週は大騒ぎであった。
滅茶偉い人は予定の時間より早く来たので軽くパニックだった。でも最近は暑いから冷たいお茶(ペットボトル)でいいから一安心だ。未だに適切なお茶の濃さ(およびその淹れ方)が分からないでいる。


偉い人のプレゼン資料を印刷してといわれて大量に印刷して備えていたら、偉い人(以下エラ)と滅茶偉い人(滅茶エラ)がごにょごにょし初めて
「ちょっと修正して」
と言われた。


ちょいちょいと修正した。これで大量印刷分はすべてシュレッダー行きである。シュレッダーするのはもちろん私だ。若干恨めしいので超笑顔で対応した。
「修正しました。ご確認ください」
1部印刷したものを渡した。


滅茶エラ「仕事が速くて正確だねぇ~w」
えるべ「誉めても何も出ませんよ~www」


・・・やっちまった。こういう時は普通に礼でも言っておとなしくしてればいいのに、なぜ余計なことを言ってしまうのか。しかもこの「何も出ませんよ」は以前エラに褒められた時にも言ってしまった。言った後でエラが私に「何か出るのを期待」してるみたいで、この言い方はものすごく失礼だと思い反省したのにっ!!
反省したのが余計で印象に残ってしまったのかっ!! くっ!!


滅茶エラ「なんもでんか~www なかなか面白い人やな~www」
エラ「彼女にはいつも助けられてるんですよwww」


あぶねぇあぶねぇ。つか、若干アウトな時のフォローの反応の気がするけど、フォローがあるなら結果セーフだなwww←前向き ⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!


明日叱られたら切腹しよう(;´Д`)
ちなみにそのプレゼンの資料は使われなかったらしい(爆)


あと気になったのが滅茶エラの人がすごく人の目を見てくる人だった。私が人の目を見るのが苦手なので、目を逸らしてるみたいになって(いや、逸らしてたんだが)失礼だったかもしれない。本当に面白いと思ってくれていればいいけど・・・いや、何の印象もなく忘れてくれるのが一番だな・・・。