ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1225 愛の才能欠落症候群

可愛いって誉め言葉なのかしら?

いやまぁ、よく言われてきた。過去形である。悲しいw
最近はワベさんに言われるので、うれしい反面、同世代に「かわいい」って言われるのはどういうことだー!? と思うわけですw
だって、ブログでかわいいって言われるのなんだかアレじゃん。文章幼いっすねって言われてるようなもんじゃん?

「可愛い」は幼いもの、小さいものに対する情愛や愛着などを表現する意味合いが強い。そのため、恋人などを「かわゆく」思う場合は別として成人に使う場合は失礼とされた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84

ですよねー!(※古語の説明www)

現代は・・・

自身の心を和ませる美点を持つと判断された場合に使われる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84

らしいですよ。和むか!? 和むのか!?wwwww


矛盾してるかな?

ちょっと自分で書いたところで気になっている。「誤解」されるのは「理解されない」(≒キモがられる)ことより怖いことだと思うのだけど、そういうニュアンスがうまく書けていないなぁーと。

私たちは常に誰かを誤解し誰かに誤解されそれを恐れているのだろう。

http://elve.hateblo.jp/entry/2017/05/04/005949

「俺の思ってる俺と思ってない」と文句を言われるとしたら、それは私の勝手だろう、と答えてしまうけど「理解して欲しい」という感情まで理解しないほど鬼でもないつもり。

http://elve.hateblo.jp/entry/2017/05/04/005949


誰がどう思ってもいいよ。でも、誤解されていると思えば、そこには異論を唱えていく姿勢でいたい。(エゴサーチしてまで自分を解釈することに、うだうだ言おうとは思わないけど。←エゴサソフト作ってる人www)
どう思ってもあなたの自由だけど、違うモノは違うの。そうじゃないの。
例え私が「そう」書いていても、「そう」言っても、私は「そう」じゃないの。違うの。


そういうことばかり繰り返してる気もするが、理解を求めたり理解しようとしたりするのは一種の愛だと思うんだよね。愛情の裏返しは無関心なんていうものね。
私はあきらめが悪いのだ。


あ、でも、諦めるのが愛なんだっけ?

「愛が措定されるのは、何よりも愛がその対象をあきらめる彼岸においてだけなのです。」というラカンの言葉

http://d.hatena.ne.jp/elve/20110622/1308737551#c1308767911

の自分なりの解釈だけどw


愛のソテーっておいしいのかしら(´;ω;`)ブワッ

自分と他人の境界線が曖昧なままだなぁ

嫌われたくはねーなぁ

http://elve.hateblo.jp/entry/2017/05/04/144640

好きな人を増やそう!

http://elve.hateblo.jp/entry/2017/05/04/144640

他人が自分を嫌うのが嫌だ、という気もちなのか、自分が他人を嫌うのが嫌だという気持ちなのかが混乱している。
こういうわけのわからないことばかり書いているから「いやそうじゃなくて」って思うことが増えるのだな。
むむぅ。


わっしはお前様ではないのですぜ・・・気が付くと自分に言ってそうで怖いwww
何なの。何が書きたかったのwwww

マスヲさんを観てると、すげー小野さん好きだよなぁっとほほえましく思える。

http://elve.hateblo.jp/entry/2017/05/04/144640

って書いてるから
他人を好いているマスをさん と 他人から好かれている小野さん をいいなぁと思ってそこから「好きになりたい」「嫌われたくない」なのだろうか。
そんなに嫌われたくないと思って文章書いたことなど(ヾノ・∀・`)ナイナイwww あまり読んでる人のこと考えてないのになwwww
考えていたらもうちょっと読みやすい文章になるのだろうか(;´Д`)


アレコレ、なんか、うまく文章化できてないかなーって感じ。