ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1002 続報・お茶をマトモに淹れられない

仕方なし

水分

かなり茶碗を拭くようにしても茶托に水分が残っていることがあり謎だったのだが、蓋に水滴がついてその水滴が茶碗の外に来てるのではないか、と推測。
ちなみに飲むときは水滴は茶碗の中に落とすんだって。コレも難しそう。

湯のみの縁に沿って右回しで蓋を取り、蓋についたしずくを中に落とします。

敗北

その前日から罠が仕掛けられた気がする。
「明日、15時にお茶をお願いします」と声をかけられた。いくつか訊ねると「3つ」との回答。場所は決まってない→応接室と連絡有り。
当日、別の社員さんからも声をかけられた。
「今日15時に応接室にお茶をお願いします」
昨日と同じ件だった。このとき数を再確認すれば良かったと後で思った。


2回も言われたのでよっぽど時間厳守なのだろうと、10分前に給湯室へ向かったら、5分前にお茶を淹れ終えてしまった。
うぉぉ。冷めてしまうじゃろかー。などと悩みつつ、他の人に相談したらそのままで大丈夫だと言われたのでそのままお茶を持って行った。


おわかりですね。
「3つ」お茶を持って行ったら「4人」いましたorz

  • お茶はお客様が見えてから淹れよう
  • 数はしっかり確認しよう


お茶を淹れるのと年賀状の準備で最近はてんてこ舞いです。
(データの整備はまだなんとか・・・なってるつもり)


elve.hateblo.jp