読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0946 もやもやもやーん

誰かに疑われたの? って感じのエントリだったなぁ。

一部の被害者が声を強めるほどに、まるで性に関する被害すべてが嘘であるかのように感じられてくる……それは、被害を受けた者は常に弱い立場(態度) でなければおかしいだろうという先入観のためである。被害を受けた者が声を荒げてオノレの権利を力強く主張しはじめたときから、何故か……それが嘘なんじゃないか?と感じられてしまうのは仕方のないことだ。その人の身体感を通さなければわかりもしない痛みを、客観的に見るだけの者がどうして理解できよう。

すべては曖昧な闇の中に~幼児虐待を受けてから三十年以上経過しました - heartbreaking.
  1. 「被害者が声を強めるほどに、まるで性に関する被害すべてが嘘であるかのように感じ」ているのは、はしごたん
  2. 「被害を受けた者は常に弱い立場(態度) でなければおかしいだろうという先入観」を持っているのもはしごたん
  3. 「被害を受けた者が声を荒げてオノレの権利を力強く主張しはじめたときから、何故か……それが嘘なんじゃないか?と感じ」ているのもはしごたん


「その人の身体感を通さなければわかりもしない痛みを、客観的に見るだけの者」にぶん投げないでください。
もちろん理解できるとは思っていない。
でもさ、考えさせてよ。


はしごたんはそうやって自分とは違って復讐できた人たちを「別枠」にしたいんじゃない?
華麗な復讐劇なんか見聞きしちゃうとあんなの嘘だ! って思っちゃうんじゃないの?
そうしないと復讐できてない自分が惨めになるから。


いまだに、はしごたんの矛盾にモヤモヤしている。
「俺はお前を殴りたいがお前に殴られるのはいやだ」みたいなことを言われたら普通はワガママで馬鹿なんじゃなかろうかと思う。
先日のカンドーさんの話も
「私は避けるけど避けられたくない」
的な話ならワガママで馬鹿なんだろう、で済むのだが、彼女は
「私避けて欲しいが避けられたくない(ブロックされたくない)」と言う主張であった。
「自分がどうするか」の主張が極端に弱いんである。


「主張」をしたら「嘘」になっちゃったから?
本人を糾弾したら嘘にされてしまったから?
でもさ、誰がどれだけ大きな声で「嘘」だと言おうとも嘘じゃないのは、はしごたんとその性格が証明してるじゃないwww
桂三くんは引き籠もってしまったんだろ? それが真実の力だったんじゃないの?
「真実の力」なんて、たかがしれているのかもしれない。でも「無力」ではないでしょ。


はしごたんは悪いことをしたと公言したがるように見える
それは許されたいからなのかなぁ、とか思った。
んで、その根底には「絶対に許さない」って激しい怒りがあって、その怒りに疲れた頃ふと「ワルイコト」を世に出すのかなぁ、とか。
責める人もいるし、責めない人もいる。
なにも「ワルイコト」してないのに「罰」みたいな時間を過ごした自分のために「責めない人の声」が必要なのかなぁ、とか思った。


どうやったって、他人からは自分勝手に見えるんだって。
だから自分勝手にしても良いのよ?
でもその時は「主語」は自分にしようよ。


私のワガママを許して よりは 私はワガママに生きるんだ って方が前に進む力があると思うんだ。
いや、進まなくても良いんだけどもw