読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0839 アンチパワーハラスメントとかいうのだろうか

乙武さんが不倫して妻が謝罪ってのだけをツイッターで見かけて凄いなーと思った。
パワハラを「弱者」にされるのってなんて言うのだろう、とタイトル。
乙武さんって『五体不満足』しか読んでないけど、もの凄いドS臭するから奥さんはMなんだろうかとか下世話な妄想してしまう。
下世話ついでに物理的にはレイプは基本できないってのも強いよな。絶対合意な訳で。どんなセックスしてるんだろうなぁとかそういうのまで考えてしまいそうになるので、それ以上の情報には触れないようにしている。
精神的にアレコレはできるんだろうなぁとか思うと洗脳とかそういう話になって怖い。


不倫でずっこんばっこんしつつ本作ってました暴露をした はしごたんが

傲慢に己の話をご披露したがるのを、黙って聞かされる一方の側の感情面を、想像してみてほしい。

とか言ってるのを見て大爆笑して良い所なのか悩んだのだが、彼女の場合オンとオフがまた違いそうだからなぁ。

ほいほい不倫をする人間はアホだ。
想像力がなさすぎる。

と言うブログを見て思った。
想像力ありすぎると自分と関係のない不倫にまで嫌悪感を表明せずにはいられなくなってしまうんだろうなぁ、とか。
だって、自分が結婚してたら不倫されるの嫌だもん。とりあえず他の人好きになりそうなくらいお前に興味なくなったから離婚しようぜ、って言われる方がまだましだと思う。思うだけで実際に言われたら一生もんのトラウマかもしれないけど。
(結婚も離婚もしたいと言った側で断られたことないので断られるパターンも想像ができない)

愛とか恋とか抜かす前に誰かが苦しんで泣いている事を想像したことがあるのだろうか。

って言い方も曖昧で、じゃー誰も苦しみも悲しみもしてない不倫なら良いのだろうか? とか疑問に思った。


自分の立場で文句言えるのって自分が迷惑かけられた不倫くらいなのではないだろうか。それ以上はゴシップを楽しんでる野次馬の自覚が必要かなぁ、とか。結局ケースバイケースだなって話になるんじゃないの? とか。
てか、誰かを傷つけるな的な話なら、たぶん不倫してる人でも苦しんで傷ついてる人はいる。ソレは自業自得だろって切り捨てて良いのか? とか。


すべての言葉はウンコで発した瞬間誰かを不快にさせる。そこに倫理や正義持ってきても大文字臭くなるだけで、自分の感情を誰かの感情と混乱させるだけの気がする。


はしごたんの話に戻すと、彼女の言動はなんというか、おいおいおまえがそれ言うのかよって突っ込みたくなることが多いのだけど、その突っ込みは「恵まれていたから」できることかな、と思うことが多くて批判するとき手が進まなくなることがある。
盗癖については感情の赴くままにdisってみたが、人の物を奪いたいとか思ったことがないのは、私が恵まれていた可能性もあるなぁ、とか思うのだ。彼女の「アンチパワー」が強すぎる。絶対弱者。同じ目線で話せる要素がない。


私は借金してまで何かをしたいとか欲しいとか思ったことがない。貯金してからで良いし、貯金してる間に気が変わることも多い。
だから、兄や地蔵さんやはしごたんのような借金で生活がままならない人を見ると不思議になる。足し算引き算できれば借金したら生活まわらないの分かる話じゃん、とか思ってしまうのだ。収入以上に金使った段階でアウトじゃろ、と。まぁ、早い話が馬鹿だと思って理解する気なくなってるって事だ。
でもソレは私がアウトにはならないように生活するだけ「恵まれていた」だけでそう思うのかなぁ、とか。


この国自体が現状アウト過ぎで感覚おかしくなりそうな勢いだしねぇ。
彼女の現状を見て不倫をとがめる気にならないのって、不倫とかそれ以前にって感じで。
この世界を諦めるのに近いかもしれないな。


んで、そうやって見下してる自分を見て、そんなに状況変わらないんだぜ、と妙に焦った気分になったりもする。
バツイチだし年齢もたぶん同じ。
仕事もずっと派遣だし、半年くらいで辞めちゃうから履歴書になんか書ききれない。
借金と脱毛症とトラウマないから精神的にはだいぶ楽だと思うけど物理面ではそんなに変わらないのよね。


精神面で思ったちょっと違う話だけど、はしごたんの、子供のいる女はダメで男は平気ってのがよく分からない。
妻子持ちもで不倫できるってどうなんだろ。相手の家庭のことは想像すらしないって事かなぁ?
彼女、バイセクシャルっぽいこと言ってたけど、子持ち女と恋愛はできるのだろうか?
自分の性的虐待の犯人の娘が自分と同じ目にあえばいいって思ってるっぽいし、結局男に酷い事されても男を憎みきれないってことなんだろうかね?



ふと、乙武さんの奥さんを連想して最初に戻る。