ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0796 紫式部ダイアリー

WOWWOWで視聴。ネタバレ有り。
www.parco-play.com


現代のバーで清少納言斉藤由貴紫式部長澤まさみが一緒に飲んで大騒ぎ、みたいなストーリー。


この辺も関連かな
togetter.com
togetter.com


若さでイケイケの紫式部に翻弄される清少納言って感じなんだけど、ちょっと長すぎな感じも。二人芝居だからどうしても飽きて来ちゃう部分があるなぁ。


あと、この話の中でお酒が沢山出てくるんですよ。紫式部が酒強くてカブカブ飲むし蘊蓄も語る。


で、ラストシーン、紫式部の日記を見た清少納言がどうするかってので(日記に書かれているのは賞賛か批判かどちらだったのか)を、元々は台詞なしで清少納言の演技だけで表現だったのを修正して「頼んだお酒、最初から全部持ってきて」って台詞で終わる事になってたんですと。
それを斉藤由貴が元の台詞なしに戻して貰ったらしいのだ。
バーで酒飲む設定は「頼んだお酒、最初から全部持ってきて」のほうが活きた気がするんだけどね。
あ、斉藤由貴さんの演技は素晴らしく怒りを超えた笑いで表現してらっしゃいました。


三谷さんは「お芝居だから(賞賛批判)どちらの可能性もある」と言っていたけど、紫式部日記では痛烈な清少納言批判をしていたわけだしねー。
清少納言斉藤由貴紫式部のPCを開く前に「賞賛」といいながら右手を観て、それともぼろくそに描いてるかしら? みたいなことをいって左手を観る。いやいや(批判はあるまい)と左手を返す。
その後、日記を読んで驚いた表情で左手を見る演技だったので、やっぱり批判だったのだろうなぁ、と。


誰もが自分の中身や作品など見ずに外見ばかりを見ていると嘆く長澤まさみのリアルさw
本人も楽しんでるんじゃないか、と。インタビューでは「美しく生まれた者の苦しみがわかる?」という台詞を「馬鹿みたいな台詞」と表現しててをいをい良いのか、と思ったけどw


斉藤由貴も決してブスだとかスタイルが悪いとかじゃないのになぁってのがちょっと引っかかった。体のラインでない衣装だったけど。
なんとなく片桐はいりさんに清少納言やって欲しかったと思ったw はいりさんもブスな訳ではないけどパブリックイメージが美よりは面白よりなので。