読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0791 あさが来た 12週 13週

12

サトシ(松造)がらみ回収と舅が亡くなる。
サトシに金を渡そうとする旦那を止めるあさ。五代によって経営者は時に非常にならなくてはいけない。偽善者ではいけないと言われ、サトシにやるなら自分を刺せば良かった物を落盤事故を起こすのはやってはいけないことだっただろうとか説教。
「あんた、やっぱり人でなしだな」みたいなことをサトシはあさに言う。
予告で観たときはてっきり金渡そうとする旦那の方に言うのかと思ったのだが・・・。貧しい物を見て金を渡すってのはそれこそ相手を対等に見てないし、覚醒剤と同じようなもんで、相手のその後の人生全部まるっと責任持てるんじゃなければやっちゃダメでしょう、と思うのだけど。(それでもその場にあるお金が人を助けることもあるので難しい)
そしてあさにそういいつつも、頭を下げるサトシ。よくわからんなぁ。
サトシは出頭前に旦那の父と会い、亡き父の話などをする。涙涙。
事故じゃなくて事件だったってほうが事後処理大変そう(風評とか)だけどそこは全然描写なし。


んで、舅(旦那の父)が亡くなる。ここも主人公補正なのか、あさによろしく頼む的な事を言って、奥さんと二人にさせてくれと言ってその後亡くなった。ここの描写が良かった。旦那さんの方が死ぬ間際で伊勢参りの幻を見てる感じで、それに奥さんが合わせて会話しつつ、神様に奥さんのことをよくよく頼んで逝ってしまう。涙涙。あ、でも、九州で頑張ってる大番頭さんにも一言残してあげて欲しかった。


んでまぁ、大番頭さんも手紙で知らせを聞いてショックを受けつつ、話は進み、若旦那(旦那の弟)と大番頭さんは炭鉱の経営に反対だったのだけど、大番頭さんが再建計画を立てて2年ちょいで立て直せそうだから頑張ってみましょうか、的にわりとあっさり。


んで、旦那さんが五代さんに呼び出されて何かと思ったら、あさを東京に連れて行きたい、と。
この時代に人妻が独身男と旅行ってありなんすかね? とか思ったらさすがに旅行は不味いらしくうめと東京に行って五代さんを訪ねる感じの予告で。

13

姑さんの説得も成功して東京へ。
五代さんやら弟やら父に会うあさ。道中、武田鉄矢にも会ってしまいますw 福沢諭吉だったらしいw
父に実業家と認められるまでに成長したあさ。正直、どの辺がどうなのかはよくわからないw
五代さんのところで大久保利通に会う。モデルにした人は五代さんとも面識無いらしいけどこの辺はドラマだから盛り上げてるな~って感じ。


んで、ちょいとふゆの縁談話なんかを挟みつつ、大阪では旦那さんがヤキモキしつつもあさの帰りを待ってます。


大久保利通暗殺事件。
五代さんは心配だからと単独行動のあさ。この時代に女性一人で(ry
御髪が乱れてちょいセクシーな五代さん@号泣にハグされたり、ウイスキー飲んで撃沈したり。でもまぁ、朝ドラなんで見てて安心。昼ドラだったらこうはいかないでしょwwww 心の友よ~ってジャイアニズムがこんな時代から!!(ないからw
一日遅れて大阪に帰宅したのでした、と。
まぁ、旦那さんの方はもちろんなんで遅れたのか遅れたとき五代さんと何があったのって勘ぐりますが、あさはくどいと一蹴。
ま、信頼関係あって良かったですね、的な。


ふゆの縁談の話が来週のメインかな?? はてさて、的な。