ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0873 嫌な女

父親の名前で同居人宛にお歳暮が届いた。海産物詰め合わせ。要冷凍。


母親に殺意が沸く。


父がこんなことするわけない。
仕事が忙しいことも同居人が海産物食べないことも、自分で一手間掛けるようなことは絶対しないことも伝えてある。
解凍して焼かないといけない魚。
魚を食う前に「これ骨有る?」と嫌そうに聞いてくるような男。
食い終わったら終わったで3日くらいは「なんか臭くない?」「生臭い」「なんだコレ!?」ってわざとらしく騒ぐ男と暮らしているのだ。
数の子もたぶん食べない。
正直、全部捨てるか? って感じなんだよね。


同居人のコメントは「売る?」wwww
さすがにうれねーだろ。つーかクール宅急便で送るのが面倒過ぎる。受け取り拒否すれば良かったのに・・・(ご自分の責任でwww


母親に殺意が沸く。


コレまでも消費期限が切れた食品(それでなくとも同居人は1時間でも消費期限を過ぎたものは食べない)などを送りつけてくるので、食品を送るのは辞めてくれ、と言ってあった。
それなのにコレだ。


母親に殺意が沸く。
おそらくは半分は仕事が忙しい八つ当たり。


でも、職場で弁当食べてる娘にこの仕打ちはないだろうと思う。
母は昔からそうだ。
こちらの話は全く聞かず、自分がしたいことをして感謝されたがる。
彼女は天真爛漫なのだが、おそらく、こうやって多くの敵も作ってきた人だ。


「そんなに切れるなよ」
同居人が笑う。
原因の一端はお前だっつーの!!!


元夫も母親も私を理解してくれない。
そういう嘆き方は母親そっくりなので本当に死にたくなる。