読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0838 あさが来た 第3週

ストーリー

祝言当日新郎は紅葉狩りに行き、新婦は床で新郎を上手投げする、という割とどうしようもないスタートの新婚生活。
その後、新郎は夜な夜な出かけて、新婦は大の字になって寝ているという状態w
お店のことはおなごノータッチでお願いします状態なので掃除や繕い物をするあさ。
そんな現実逃避か何か突然姉を訪ねる。すると姉夫婦は仲良くお出かけするところ。
こりゃー自分もしっかりせねばならんと思ったのか、あさは夜出て行く夫の後を付ける。
そこは三味線の師匠、美和のお家で、三味線のお披露目会をしていた。
その頃、両替屋は実は皆困った事態になってきていた。貸した金が返ってこないので、倉の中のお金がほとんど無くなっていた。
そのことで娘の嫁ぎ先が大丈夫か心配になったはつ、あさの母ははつを訪ねて商売向きを心配するが、それを姑に聞かれてしまい、はつはつらい思いをすることになる。最終的に、はつが閉じ込められた倉にもモノが少ない。
幕府対新政府の色が濃くなり時代が変わろうとしていた。
そんな折、新撰組が金を貸せと現れる。
刀を恐れずちゃんと返してくれるのかと問うあさの姿に新次郎は惚れ直したといい、ようやく共に床につく。
新次郎を通じてお店の情報を得た朝は貸付金をまとめ上げ、その返ってきてないお金の多さに驚愕する。
確かめるために新次郎と倉に入ってみると、山ほど有ったという千両箱は数える程度しか残っていないのだった。

感想

ストーリーから省きましたが五代才助がまたちょろっと出てきました。子役時代に見初めてたってロリコンの変態っぽくて怖かったですw
新次郎があさに惚れ直したって場面がなんか朝観るにはきつい感じだった。男っ気がない自分には新次郎の色気がきついwww
あさちゃんの得意だという設定のそろばんはもうちょっと練習しておいても良かったのではw って程度に「パチ パチ」でしたw


新撰組参上!」がサブタイトルだったのである程度予想してたんだけど「待たせたな!」って出てきた土方さん、いろいろ過剰演出www
まとめて観てたせいか、ちょっとくどく感じたw なんだかんだいって、こいつら結局金返さないだろうしなw それでも貸さねばならないのが商人のつらいところ。ただの強盗じゃね~かwww


はつとあさの母はお店のことは男に任せてなんて言う割に、結局あさみたいなことして、はつを窮地に追い込むというか、とどめ刺したのはあさなんだけど。(母が訪ねてあさが訪ねて姑が切れた)恐るべし遺伝子w
惣兵衛がもうちょっと母に物言えるようになると頼りになるんだろうけどねぇ。