ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.0655 アニメの「寄生獣」観た

special.gyao.yahoo.co.jp
一気に観た上雑な感想。


とりあえず私の原作のイメージは壊れなかった。


最初にキャラデザみたときに嫌な予感しかしなかったのだが、いい意味で裏切られた。


何となくミギーの声はグランゾート大滝進矢さんかアスラーダ小野健一さんだと思っていたので、女性は意外だったけど違和感なく視聴できた。
違和感唯一あったのが「 Stage:22 静と醒」でミギーと別れる時にミギーが「ありがとう」といってた気がして、それは原作にあったのか、そもそも本当に言っていたのかどちらも確認できないwww
(原作実家、アニメ無料が5/3までだったのでwww)


平野綾さんの声はたぶん初めてちゃんと聞いたんだけど、林原めぐみさんと佐久間レイさんの間のような声質で人気があるのも頷けるなぁ、と。里美をはじめとする女性陣は甲高い声ばかりで五月蠅い。なんだあれ。男に媚びるような声で萎える。里美の声はちょい声質違うから、3人娘でわーわー話してても里美だけは一応別の声と認識できた。
まぁ、これは台詞によっちゃうか。平野さんも普通の女子高校生役なら五月蠅いんだろうし、それは役として正しいのだろう。
里美の声はのど締めて鼻にかけるような感じで、シンイチじゃないけど「きみ、シンイチくんだよね」の台詞がくどくて「うるせー!!」ってなった。全話一気に観たせいもあるか。


動きはちょいセルが少ないっつーかカクカクな動きだなぁって感じることがあった。今ってもうCGなのかな? セル画は描かないんだよね? 作業時間の問題かなぁ? シンイチと里美が喫茶店で笑ってるところとか、2枚くらいのセルでぱたぱたしてる感じだった。


デザイン的にはやっぱり最初キャラデザが衝撃的だった。ミギーの目が増えてるのが気になっていたけど、動いたら気にならなかったし、一つ目のことも多かった。
女性陣はみんな可愛くなっていたけど加奈はモットギャルっぽくしてよかったんじゃないかなぁ、とも。なんかどっかで観たキャラって感じになってた。それで耳当てつけてたんかな。田村玲子もよかった。


色を私はすべて表皮の色(肌色)だと思っていたのだけど、そうだよね、急に伸びたり縮んだりするなら赤み強くなるよねー、とか発見もあった。
あと、シンイチがよく見る夢、私の中では白黒のままだったんだけど、ああやって色つけられると「体内」感が強くなるなぁと思った→あ、あれ体内だったのか←今更w


子供の声も苦手だが、女性の声も苦手になったなぁーと。
(故に人混みを恐れて引きこもっている連休)