読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1113 茜色の唇から もらす言葉はただの理想論

タイトルは及川光博の「理想論」から

おかしなことを言ってる人がいるとして、その人がおかしい、プークスクスって影で笑ってるのって、好きじゃない。
IDコールしてあなたの言ってること、私はおかしいと思うよ! って言いたい。

No.1110 ヲチャ向きじゃない性格 - ダメシ添加大戦

なんて書いたんだけど、なんつーかその、理想論でしかなくて、給湯室トークも好きなんだよなぁ、と再認識したりして。
えーえーツレションメス犬になりきれない者の僻みなんでしょうけどねwww


つーか嗤われる人って、今までも嗤われてきていて、その中で改善要求が挙がってくることもあったのに、無視して生きた結果の人が多いんだよね。だからいまさら私なんかがIDコールひとつ送ったところで、「おかしさ」が改善されるものではないのよね。
んで、じゃー「おかしさ」を定義するのは誰だって話になると本当に独善的な話でしかなくなっちゃう。


私が「おかしい」と思ったところを改善せよ、みたいなIDコールになっちゃう。
だから「おかしい」について他の人の意見も聞きたくなる。誰かが「私もおかしいと思う」って言ってくれちゃうと感情倍増ゲームになったりする。そうなるともう、給湯室へGOになる。共感怖い。


私がしたいことは、そうじゃないんだよねー


むつかしー


なんていうか、あなたと違う考えの人間がいることに気づいてって感じなんだけど、じゃー私にとってもその「おかしい」は「違う考え」でしかなくて、ブーメラン投げてるだけになるのかなぁーとか。


「普通」はそういうことしないんですよって余計なお世話に過ぎなくなったりね。「普通」とか、使いたくないのよね、極力。


あとは、「わかってます」「すみません」で逃げられちゃうパターンとかねー。


他人と関わるのは「違う」からこそ面白いんだよね。
この面白さと、違和感を感じる「おかしさ」を判別してるのも「私」なんだよなぁ。


私は「おかしさ」も楽しめるようになりたい、という意味ではヲチャになりたいんだよ。
今は結構楽しめてる気がするのでヲチャ向きなのかな!?
私はヲチャに向いてない。だけどヲチャになりたい。

No.1112 肩書きキャラ付けは危険な香り

一部で姐さんと呼ばれつつあるのである。
姐さん・・・「ねえさん」だよね? 「あねさん」?
FC東京にネイサン・バーンズという選手が・・・私もネエサン・elveと名乗ろうかしら←痛い。


さて、姐さんとはどんな人かなぁ、とか思うのである。面倒見のいい人?
自分が面倒見のいい人間だとは思わないが頼られれば精一杯応えようとするお人よしではあると思っている。
ある種のしつこさが面倒見がいい感じに見えるのだろうか?
単に年上(っぽい)だけかも知れないなwww


名は体をあらわすなんていう。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

「言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから」 | sunny soul

なんていう。


elveがエルバになったとき、てきとーさがUPした気がしたw
姐さんと呼ばれてちょっと責任感UPかもしれない。


一人称「僕」は使えない感じがするなぁ。僕っこは姐さんじゃないなぁ
「俺」もきついなぁ。俺女の姐さんはきついなぁ。


そうやって自分の中の「姐さん」像を自分に落としていく。
そうやってちゃんと影響されている自分にちょっとホッとする。
♪繋がっているからねって 愛して(呪って)いるからねって


余談ですが弟がいますので、実家に電話すると自然と
「もしもし? おねーちゃんだけど~」
ってなりますwww
10歳くらい年が離れているので、物心付いてから末っ子から姉にジョブチェンジしてて若干不安定ですw

No.1111 俺たちの戦いはこれからだ

2011年の初め、離婚した。
2014年9月、元夫に戻っておいでといわれたので東京に戻ってきた。
なんやかんやあって(?)元夫は営業部長@年収1千万を辞めた。
今はのんびりとした仕事をしている。給料は知らんが相当下がった模様。(1千万超えたのは本人がうれしそうに言ってきたので知ってる。)


「もう人生セミリタイアでいい」


元夫はそういった。
だから私もそうなんだろうと思っていた。結婚とか子供とかもやもや悩んでるのは私だけで、そしてこの「家」を壊した張本人である私にその資格は無いのだろうと思っていた。


ふと元夫が漏らした
「俺、こんな仕事でいいのかな? もっとやれるんじゃないのかなってふと思うことがある。そういうのがすごいストレスになってる」
「お前は良いよな、悩みなさそうで」


「いつだって悩んでるよ。さっさと別の男見つけて結婚したほうがいいのだろうなぁ~とか」


→流されましたwww


二人の見解が一致したこと「6億当たればこんな悩みも吹っ飛ぶのに」


そんなわけでBIG買いますのでよろしく神様。
小さな宇宙を生み育てる奇跡を私は放棄しました。だから6億くらい当ててくださいwww