ダメシ添加大戦

死にたみマックス! アザラ死ちゃん!/元夫マルセイと暮らすバツイチ日記

No.1407 嫉妬するのもサービスサービス

年をとるのは嫉妬に塗れることだと、昔の私は思っていた。
その頃の私の周りには、そんな大人しかいなかったから。

追憶の上の王様 - おのにち


ちょうど内田春菊の「物陰に足拍子」の1巻を読んだところだった。
主人公の兄嫁がまさに若さに嫉妬だけして自分は何もしない女である。
f:id:elve:20171018224558p:plain
f:id:elve:20171018224919p:plain
26日まで無料で読めるみたいよ!?



内田春菊・・・好きなわけじゃないのにいつも何か引っかかる作品を描く人。好きなのかなぁ。買ったことはまだない。バイト先の古本屋で店長の目を盗んでこっそり読んでたような・・・そんなに前じゃないような・・・結構あいまいw
なんか今は癌の闘病漫画描いてるの!? 時間が流れるなぁ~

No.1406 人食いとか

elve.hateblo.jp
あたりからモヤモヤ考えてる何が「食べられる」「食べられない」を分けてるのかな問題。


肉としての見た目の問題ももちろんある。空腹かどうかの問題もあるだろう。


なんとなくで何の根拠もなく私が持ってる文化での判断なんだけど
「コミュニケーション取れる相手は食べる事ができない」のがベースだなぁ。
なんとなくね、ミノタウロスの皿とか、東京グールとかしっくり来なくて。
人間を捕食する種がいるとしたら人間とはコミュニケーションとらないんじゃないかなぁ、と。

18世紀のイロマンゴ島では部族同士で殺し合い、食い合い、家畜としての人間の飼育が行われていたとの記録があり

人食い人種 - Wikipedia

まじかーあのエロマンガ島じゃないですかー。


なんか敵対した相手を食うってのは勝利の儀式的な食事かなぁって思うけど実際はどうだろうなぁ。コミュニケーションも普通にとっていたのかなぁ。
(´ε`;)ウーン…やっぱり私の想像力が貧困すぎて広がらないなぁwww